医療業界の求人の現状

「医療業界」というと、医師や看護師といった実際に医療に従事する人や病院を運営する人たち想像するかもしれません。しかしながら、こうした現場を支える仕事の場は沢山あります。実は医療業界では人手不足の分野も多く、経験者のみならず未経験者も傾向もあります。医療業界は、不況知らずと言われるだけに新卒者のみならず転職者希望者も大注目の業界です。不況に強いと言われる理由は、その市場の規模にあります。医療の機器業界の市場は、日本だけでも2兆5千億円にもなります。日本はアメリカの次いで2位の市場規模となっているのです。どの先進国の近い将来に訪れる高齢化社会に伴い、医療の市場は確実に拡大すると考えられています。そのために必要な医療技術や器具、開発や普及、新しい器具の買い替えなどが想定されます。これらはほぼ確実に実施されるので、期待度が大変高い業界と言われる所以がここにあります。医療機器には二種類あり、「診断系」と「治療系」に分けることが出来ます。前者は治療の前段階の診断や測定を行う為に必要な医療機器で、後者は治療にに必要な医療機器です。診断系は、CT・MRI・PET・内視鏡等聞き馴染みのある名前が並んでいます。治療系は、ペースメーカーやカテーテル、インプラント等があり、手術経験者であれば知っているものばかりです。治療系機器は特に研究開発に莫大の費用を要します。そのため、大きな資本を持つ外資系メーカーが世界の先陣を走っています。そのため、日本が輸入する医療機器市場は、4割も輸入に頼っているのが現状です。診断系機器の分野では、日本企業が世界の先陣を取っており、輸出市場は右肩上がりとなっています。しかし国際競争の激しさは増していて、大企業あるいは特別な技術を有する中小企業がしのぎを削っています。

求められる人材

医療 求人医療業界の求人状況の特徴は、業界の経験がないあるいは浅い20代が多くの活躍の場を与えられている点と言えます。それは、外資系企業が未経験者を積極的に中途採用しているからです。医療業界は「命」に関わる仕事であるだけに、仕事のモチベーションも非常に高くやりがいを実感できる業界と言えます。任される業務内容も責任が大きく、その分給与として反映されることも医療業界の特徴です。医療業界の営業部門への転職者の前職は、実に多種多様で金融業界や旅行業界といった異種業界からの人が沢山いることは決してまれなことではないようです。その一方、転職年齢が30歳以上の人に対しては、経験や実績が重要視される傾向が高いようです。そのため、医療業界でのマネジメント経験・営業実績は大変重要なポイントとなります。